コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早期健全化基準 ソウキケンゼンカキジュン

2件 の用語解説(早期健全化基準の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうきけんぜんか‐きじゅん〔サウキケンゼンクワ‐〕【早期健全化基準】

地方公共団体財政の健全性に関する基準の一。財政健全化法で規定された実質赤字比率連結実質赤字比率実質公債費比率将来負担比率のいずれかで基準値を超えた場合、財政健全化団体として自主的・計画的な財政の健全化が求められる。また、さらに悪化すると財政再生基準で審査される。→財政再生基準

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

早期健全化基準

自治体財政健全化法が定める財政4指標(実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率)でいずれかが一定割合を超すと、破綻寸前の「早期健全化団体」に指定される。同団体は、自主的な財政再建計画などが義務づけられる。千葉市は、自治体の収入に対する借金返済額の割合を示す実質公債費比率が、早期健全化基準の25%を超えるおそれがあるとされてきた。

(2010-02-19 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早期健全化基準の関連情報