コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財政 ざいせい public finance

6件 の用語解説(財政の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財政
ざいせい
public finance

政府が民間から,租税,社会保険料を徴収したり,公債を発行することで資金を借入れることにより,それを原資として支出する一連の経済活動をいう。国防をはじめ,外交,司法,警察,教育といった国の安全と社会生活の維持に必要なサービス,また,道路,港湾,上下水道などの社会資本の建設は,企業や家計の経済活動だけでは十分でなく,このような仕事を行うのが政府であり,こうした政府の活動を歳出・歳入という収支面,経済面からとらえたものが財政である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざい‐せい【財政】

国または地方公共団体が、その存立を維持し活動するために必要な財力を取得し、これを管理・処分する一切の作用。
個人・家庭・団体などの経済状態。かねまわり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

財政【ざいせい】

国家や地方公共団体がその任務を遂行するために営む経済行動の総体。財政は政治行動や各種の政策を行うための土台をなすとともに,政治行動や政策によって影響される関係にある。
→関連項目予算

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざいせい【財政 public finance】

政府の年々の資金収支計画をいう。国家のそれに関していうことが多い(国家財政)が,地方公共団体に関してもいう(地方財政)。財政は政府の諸政策目標を達成するための経済政策である。経済政策の手段としての財政は租税・歳出等の経常的収支予算の全体および各項目に代表されるが,政府の借入れ(国債発行)や民間への融資(財政投融資)等の資金計画も重要な政策手段である。
政府部門民間部門
 民間部門市場経済の活動に任されているとすれば,財政を主導する政府部門(〈公共部門〉の項参照)はきわめて異質の存在である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざいせい【財政】

国または地方公共団体などが行政活動や公共政策の遂行のために行う,資金の調達・管理・支出などの経済活動。
企業・家庭・個人などの経済状態。ふところ具合。 「今月の我が家の-は苦しい」 〔「改訂増補哲学字彙」(1884年)に英語 finance の訳語として載る〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財政
ざいせい
public finance英語
finances publiquesフランス語
Finanzwirtschaftドイツ語

財政とは1年間の国や地方公共団体の公共活動に伴う収入・支出を貨幣金額で表したものをいう。その規模は各国の政治形態、国民の公共サービスへの要求の程度、租税制度により異なる。[宇田川璋仁]

財政の政治的要素


国の財政
デモクラシー(民主国家)の下で財政活動が始まる原動力は、公共サービスに対する国民の需要である。国民の需要に応じるために、国民による投票を通じて政府が形成される。国民が要望する方向に政府活動が始動される場合、国民は公共活動から生じる費用の負担を納得する。反対に、政府活動や租税負担が国民の要望から離れた場合、国民の支持をめぐり政党間で選挙による政治競争が始まる。
 では、国民はなぜ政府に財政活動を求めるのか。デモクラシーの経済制度の大部分は市場経済であり、国民所得の生産・分配・支出も大部分が市場で決定される。まず、基礎的で最小限の政府活動として、私有財産の認定、市場取引を円滑にする法制度、司法警察の制度、外交担当が要請される。その上で、道路網整備、護岸工事、治山・治水などの公共事業が開始される。これら公共のための財・サービスは公共財とよばれる。公共財は、国民の共同利用に供するという性格を旨とするため、個人的に市場で公共財を注文する者はいない。市場で自分専用の物を買うこととは異なる。一方、市場で買うことのできる自分専用の財を私的財という。公共財を市場で発注する個人がいなければ個人への供給者も現れない。こうした理由から、各人は公共財を政府に要望することになる。
 なお、先述した純粋な公共財のほか、市場での私的供給が可能であり、かなり大きな外部経済効果をもたらす財やサービスがある。教育、医療、養老などに関する保険・保障、年金、児童・高齢者・障害者などの社会的弱者に対する生活扶助などがそれにあたる。市場(個人活動)から十分な供給が受け取れない場合、こうした需要をもつ国民層からは政府活動への要望が生じる。市場には前述の外部経済のほかに外部不経済があるから、公害規制などが政府へ要望される。
 市場から発生する個人間の所得不平等に対して、国民から不快感が発生するのは当然である。収入側の租税制度についても、租税負担を能力に応じて行う累進税制(応能租税原則)が政府への要求となる。
 以上のような国民の側からの要求に対して政府の側からの対応が乏しければ、対立政党間の政治競争が始まる。国民の要求を受け入れる政党が勝利するというのがデモクラシーの政治・財政活動の「原型」といえる。
 しかし、デモクラシーの政治下で、行政を執行する常備の官僚制度が介在すると、「原型」に複雑な問題が生じてくる。
 確かに、国民の要求と政治家の対応のなかから政治・財政の課題は明らかになる。だが、課題を認識したとしても、立法府(国会)にいる政治家は、それを行政のシステムとして実施可能なものに制度化する知識を十分にもっていない。課題に適確に対応する法案の作成、各省庁間での任務の分担、事業コストの推計などは立法府だけではできない。他方で、技術進歩とともに諸工事の様式も変化し、工法や資材等の変革によりコストも増減する。これらの採択・決定は官僚機構にゆだねられる。
 官僚は官営の独占者である。その競争相手は存在しない。国民の需要の表現は厳密なものでなく、それを受け入れた政治家の課題認識も厳密なものでない。両発注者(国民と政治家)が独占供給者である官僚群と向き合うことになるが、その結果は行政能力をもち、正確な行政コストの情報をもつ独占供給者の言い値と供給量が支配するとみてよい。個々の各省行政に分割されると、国民から政治家への課題を実施するコストとその行政規模は、官僚機構の選好の優位のうちに決定される。
 デモクラシーの「原型」が崩れる場合がほかにもある。それは、国民と政治家と官僚の、どのグループも普通の人間の集団だという性格から生じる。それは、財政活動は遠い将来にまでその影響を及ぼすにもかかわらず、将来を見通すことなく(また見通すこともむずかしいので)財政活動からの受益と負担を近視眼的にとらえようとするということである。国民は公共サービスを要望するが、その負担を背負わずにだれか他人に負担させて便益だけを受けたいと望む。この行為を「フリー・ライダー」という。このフリー・ライダーは、だれもが望むことである。したがって、だれもが税負担から逃げようとする。政治家も国民の意向をよく知っているから、税負担が必要であるにもかかわらず、そのことには口を閉ざし公共サービスの提供を約束する。そうでなければ、対立する政党との政治競争に勝てない。公共サービス担当の各省は、政治家が約束する公共サービスの増大を歓迎する。財政収支の均衡化を担当する財務担当省も、国民・政治家・関係各省などの多数グループの声に抵抗しきれない。このようにして、フリー・ライダー志望と近視眼的利得計算が国の各グループに及ぶと、そのもっとも単純な結末は国の財政活動の拡大のための財源を公債に求めることである。ひとたび公債発行に踏み切れば、各グループともその味が忘れられなくなり、増税ないし公共サービスの削減による財政収支の均衡化を非常にむずかしくする。[宇田川璋仁]
地方財政
いずれの近代国家も、昔から人々は居住、日常生活、経済活動を地域ごとに集合して営んでいた。その国家がデモクラシーの政治体制をとる以前から、たとえば「三河(みかわ)の国」のように、○○の国や○○県などとよぶ地方行政区画が存在していた。各地の住民は、公共サービスの受益には地域的限度があることを知りつつ、地方の公共財の提供を欲した。一国の政治・財政は、中央政府と地方それぞれの政治・財政から成り立っていた。そのもっとも顕著な例は、アメリカが独立し連邦制が成立する以前に13州が存在したことである。デモクラシーの下では地方区画は地方公共団体となり、国の政治と地方自治とが共存するのが「原型」である。
 第二次世界大戦後、日本の国と地方の財政・租税制度について勧告したカール・シャウプは「地方自治はデモクラシーの学校である」と述べた。民主主義を戦前味わったことのない日本国民は、この「デモクラシーの学校」に入ることを財政運営においては拒んだ。憲法によって地方公共団体の長や議会の代表を住民選挙で選ぶことにはなったが、シャウプが提案した住民税率の自由な選択は実現せず、「行政を無責任にする」としてシャウプから廃棄を求められた国からの補助金制度は今も存続している。その結果、シャウプが求めた地方交付税交付金のほかは、全国統一の地方税制と国の補助金を財源として国が定めた各地方団体の「基準財政需要」の実現を中心とした日本の地方財政の姿が続いている。[宇田川璋仁]

財政収支の勘定組織

政府が財産をもたず公企業も営まなければ、国の収入は租税と公債のみであり、それで公共支出をしなければならない。財政の勘定もこの収入・支出を計上する一つの会計で足りる。この税収と公債を計上し、基本的歳出を示す会計を一般会計という。
 日本の一般会計は、支出について三つの表示方法で公開されている。1番目の方法は、歳出が重要経費別に分類されて表示されており、それぞれの時代の政府活動の状況がわかる。2番目の方法は、所管別(各省別)の歳出が表示されている。3番目の方法は、使途別分類表示である。人件費、物件費、補助金・他会計への繰入れなどに分かれている。3番目の表示方法から、日本の中央政府の仕事がかなりの程度地方団体等への補助金行政であることが推察される。
 日本では明治の初めから国が郵便事業や郵便貯金を取り扱い、国有鉄道を経営し、さらに植民地を保有した。これら特別の事業収入と経費を明確に計理するためには特別会計が必要であった。
 第二次世界大戦後は、長年存続した特別会計のほかに、道路整備・治山・治水等の公共事業を特別会計に移した。これは伝統的に租税を財源として公共投資を行ってきたのが、戦後の特別会計の特例として弾力条項や特例的規定が設置されたことによる。これらの規定は、公共投資を所管する諸省が、予算を確保し継続させるため強く要求するところであった。道路特別会計、治山・治水特別会計などがその代表といえる。近年、特別会計の積立金がいわゆる「埋蔵金」として話題になったのは、特別会計の弾力条項や特例規定による資金積み立てに由来する。第二次世界大戦後創設された特別会計のなかでは、地方交付税特別会計がユニークである。これはシャウプ勧告によって創設されたものであり、2009年(平成21)現在は国税5税(所得税、法人税、酒税、消費税、たばこ税)の30%ほどがこの会計に繰り入れられ、総務省が規定する基準財政需要額と基準財政収入額の差額を埋めるように道府県や市町村に配付される。交付税は国からの補助金と異なり、地方税と同様に一般財源として使用できるので、地方団体の関心が高い。
 第二次世界大戦後、日本では、経済復興、国民生活の安定を目ざして政府が出資した特殊法人が多数創設された。特殊法人には、大別して金融公庫とよばれた政府銀行(日本住宅金融公庫、日本開発銀行等)と公社・公団とよばれた政府事業体(日本電信電話公社、日本住宅公団、日本道路公団、日本国有鉄道・日本鉄道建設公団等)がある。政府は、これらの銀行や事業体へ融資する資金をどこから調達したのか。それは、郵便貯金・年金積立金などの大蔵省(資金運用部)への預託が義務づけられた資金であった。このように、政府金融機関、公社・公団への政府出資、これらの特殊法人への政府融資、特殊法人の債券発行、特殊法人の直接事業活動、特殊法人からの民間への融資のすべての資金活動を「財政投融資」という。財政投融資を含めると政府の財政活動はきわめて広範囲であり、そのすべての会計をみなければ本当の財政資金の動きは明らかにされない。
 しかし、昭和の終わりころ、中曽根康弘内閣のときに国鉄・電電公社等が民営化され、平成に入ってから小泉純一郎内閣の郵政民営化によって財政投融資は大きく変わった。まず、郵便貯金・年金積立金の資金運用部への預託義務が廃止された。この二つの資金は民営化された会社が全額自主運用(市場運用)できることになった。その後、特殊法人も整理され、統合、廃止などにより数が減った。したがって、この後の財政投融資は、残った特殊法人自らが金融市場において政府保証のない公募債券を発行するか、国が国債(財投債)を発行して市場で資金を調達し、それらを貸し付けるだけになった。その結果、2008年度の財政投融資計画の年額は、ピーク時の1996年度に比べて3分の1に当たる13兆円に減少した。
 地方公共団体は、都道府県と市町村をあわせると約1800団体ある。地方団体の会計制度は「地方自治法」で統一的に定められており、会計区分は一般会計と特別会計である。特別会計には、国の法令により義務づけられているものと任意に設置するものとがある。地方財政を統一的に把握するため、統計区分として地方公共団体のすべての会計を普通会計と公営事業会計に分類する統一基準が設けられている。
 普通会計とは、一般会計と公営事業会計を除く特別会計を合算したものである。通常、単に地方財政という場合にはこの普通会計をさすことが多く、国の一般会計と対応するものである。
 公営事業会計は、公営企業会計(上下水道、交通、電気、ガス、病院、駐車場整備等)、収益事業会計(競馬、競輪、宝くじ等)、国民健康保険事業会計、老人保健医療事業会計、介護保険事業会計などに分かれる。
 約1800の地方団体を一つの財政主体とみなす最近の「地方財政計画」で、地方財政における普通会計の歳入・歳出をみると次のようになる。ここで「地方財政計画」とは、例年12月ころに行われる地方財政収支見通しや地方財政政策、国の一般会計を踏まえ、例年2月に内閣が国会に提出するものである。2008年度の地方財政計画によれば、「歳出」項目には、給与関係経費、投資的経費(直轄・補助と単独に分かれる)、一般行政経費(補助と単独に分かれる)、公債費、公営企業繰出金、その他、がある。「歳入」項目には、地方交付税、地方税等、国庫支出金(国からの地方向け補助金)、地方債、その他、がある。[宇田川璋仁]

第二次世界大戦後の日本財政の歩み


(1)民主化と戦後復興[1945~64年(昭和20~39)]
日本国憲法により、国民各層が投票し戦後政府をつくりあげた。政府の仕事は戦前体制を一掃すること、戦争末期から発生したインフレを根治すること、そして戦後復興に努力することであった。財閥解体、農地解放が実行され、労働組合結成が自由になった。インフレ対策のため、占領軍は、財政は均衡予算のほかは許さず、これによってインフレの根元たる通貨の垂れ流しは止まった。戦後復興のため、為替(かわせ)レートが1ドル=360円に設定され、このハードルを越えて生き残るために企業は懸命に生産費低下を図った。財政の一般会計は、1947年度(昭和22)から1964年度まで18年間という長期間、均衡予算を堅持した。これは明治以後の財政史上空前のことであった。[宇田川璋仁]
(2)国債の発行再開と消費税の導入[1965~89年(昭和40~平成1)]
1964年度補正予算から国債が発行され今日に至っている。理由は金融引締めによる不況の発生と政府の税収予想が甘かったことである。その後、各期の政府は均衡予算を回復しようとしたが、円の切上げが世界から要求されたり、石油危機が生じたりして、赤字財政が続いた。この時期の田中角栄内閣は立場を逆転して、財政赤字を増大させても、日本列島の公共事業を拡大させようとした。大蔵省(当時)は、その後の財政赤字を減らすための財源として大型消費税を導入しようとしたが国民の反対で、与党は総選挙で敗北した。国民の消費税への反対は根強く、次の中曽根康弘内閣も導入に失敗し、さらに次の竹下登内閣が、国会で多数決を強行して1989年(平成1)4月に導入した。[宇田川璋仁]
(3)日本のストック経済化とバブル崩壊[1989~2001年(平成1~13)]
昭和60年代から、財政赤字を抱えて財政の制約を受けた日本では、国内需要の拡大策は低金利、高いマネーサプライという金融政策一辺倒であった。「カネ余り」のなかで土地の投機が始まった。それ以前に実施されていたマル優廃止という所得税制改革は、預金よりも土地・株への投機をあおり、いわゆるバブルが発生した。
 しかし1990年から地価高騰を抑えようとして金融引締めが始まった。金利上昇は、借入金を増やしていた不動産業の収益に大きな影響を与えた。それは不動産貸出しに走った金融業にも損失を与えた。地価も急速に低下し、不良債権処理がこの時代の金融業の大問題となった。政府は主要銀行に公的資金を投入して救助した。[宇田川璋仁]
(4)財政構造改革の時期[2001年(平成13)以降]
経済の低迷期のなかで小泉純一郎内閣が成立した。小泉内閣のモットーは「官より民へ、地方ができることは地方へ」であった。同内閣が行った事業の一つは、郵政事業の民営化「郵政民営化」であった。それまでの日本郵政公社は郵便事業と郵便貯金の2事業を中心にしていたが、分割民営化により、この2事業をそれぞれ別の株式会社に移管した。郵政民営化は国の資金が削減されることになるから長年にわたった「財政投融資」の制度を縮小した。
 小泉内閣は「三位一体改革」の名の下に、所得税から地方の住民税への税源移譲、地方交付税の縮小、地方団体への補助金行政の縮減を実行した。しかし、財政の中央集権は明治時代から保持されてきたものであり、中央官僚や政治家の一部は依然従来の制度に固執している。また地方は、単純公共サービスの中央集権より、多様性のため行政コストがかかり、経済成長を遅らせるという意見もあり、地方分権化が実現されるまでの道はまだまだ長いといわなければならない状況である。[宇田川璋仁]
『自治省財政局編『地方財政のしくみとその運営の実態』(1978・地方財務協会) ▽井堀利宏著『財政赤字の正しい考え方――政府の借金はなぜ問題なのか』(2000・東洋経済新報社) ▽伊藤光利・田中愛治・真渕勝著『政治過程論』(2000・有斐閣) ▽小西砂千夫著『地方財政改革の政治経済学――相互扶助の精神を生かした制度設計』(2007・有斐閣) ▽貝塚啓明、アン・O・クルーガー編『日本財政破綻回避への戦略』(2007・日本経済新聞出版社) ▽石弘光著『現代税制改革史――終戦からバブル崩壊まで』(2008・東洋経済新報社) ▽『図説 日本の財政』各年度版(東洋経済新報社) ▽『図説 日本の税制』各年度版(財経詳報社) ▽中里透、参議院予算委員会調査室編『図説経済財政データブック』各年度版(学陽書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の財政の言及

【公共経済学】より

…新名称の誕生は,近年,基本的には私有財産制と自由競争市場を軸として国民経済を運営するいずれの国々においても,共有財産と非市場手段によって運営される公共部門が急速に拡大してきた事実と,近代経済学の発達がその分析手法を非市場経済へも応用させることを可能とした事実とを反映したものといえよう。確かに,古くから公共部門を研究の対象としてきた学問に〈財政学public finance〉がある。しかし財政学は,伝統的に公共部門全体というよりも,与えられた予算を賄うための税制の記述と分析が中心であったことから,その学問の守備範囲が一般に狭く固定化されて理解され,近年急速に発展した財政理論の近代理論経済学的手法による再編成と,税制はもとより,それ以外の公共部門も広く研究の対象とした大幅な学問分野の拡大とを代表するには適切でなかった。…

【財政学】より

…古くから財政学は国庫に関する学問とされている。英語のpublic finance,フランス語のfinances publiquesはともに直訳すれば〈公共資金調達〉の学問である。日本でも,明治以来,財政学とは国家・公共団体の貨幣収支を研究対象とする社会科学の一分野とみなされている。日本の財政学の発展をみると,ドイツ財政学,イギリス・アメリカ財政学,マルクス財政学の影響が認められる。
【ドイツ財政学】
 16世紀から18世紀にいたる重商主義の特殊的・ドイツ的形態といわれる官房学の伝統を引き継いで,19世紀末から20世紀初頭にかけて,A.H.G.ワーグナーL.vonシュタイン,シェフレAlbert Eberhard Friedrich Schäffle(1831‐1904),ディーツェルCarl August Dietzel(1829‐84)といった学者の登場とともにドイツ財政学は黄金時代を迎えた。…

【均衡財政】より

…ある年度の財政支出をその年度の経常的収入(租税・印紙収入,各種納付金,手数料など)と等しくする財政運営,ないしそうした財政状態をいう。年度内の資金繰りのために短期証券を発行することは認められるが,歳入の手段として長期債を発行することは認められない。…

【予算】より

…現代社会においては,国民の生活は国や地方公共団体の活動と密接に結びついており,国や地方公共団体は社会のさまざまな要求を満たすために,財源を調達し,これを管理し,必要な費用を支出している。このような活動を財政といい,予算はこの財政活動を規律するための予定的計画ということができる。
【予算の概念】
 予算は,これを二つの側面から観察することができる。…

※「財政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

財政の関連キーワードキャッシュ・フロー経営ゴスプラン連邦制政治資金収支報告財政資金資金純現金収支政治資金パーティー資本収支(Capital Balance)タイ政府の高炉誘致計画

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

財政の関連情報