昇遐・升遐(読み)しょうか

精選版 日本国語大辞典「昇遐・升遐」の解説

しょう‐か【昇遐・升遐】

〘名〙 (「遐」は遠く遙かである意。はるかな天にのぼる意から) 帝など、貴人が死ぬこと。登遐(とうか)。昇霞。
※続日本後紀‐承和九年(842)八月壬戌「頃者昊穹降禍。太上皇帝昇遐」 〔潘岳‐西征賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android