コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本後紀 にほんこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本後紀
にほんこうき

続日本紀』のあとをうけ,桓武天皇から淳和天皇までの時代を扱う編年体歴史書六国史の一つ。 40巻。 10巻が現存。弘仁 10 (819) 年に着手され,承和7 (840) 年完成。編者は,藤原冬嗣藤原貞嗣良岑安世らがいるが,中心となったのは藤原緒嗣。記事は,延暦 15 (796) ,同 16,同 18,同 23~大同1 (806) ,同3,同4,弘仁1 (810) ~4,同5,同6年しか伝わらず,淳和天皇の時代はまったく存在しない。伝記の文章に特色がある。本書の編纂の際に集めた史料は,『天長格抄』 (30巻) としてまとめられたが,これも散逸した。『国史大系』所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日本後紀【にほんこうき】

勅撰の歴史書。六国史(りっこくし)の第3。40巻。藤原緒嗣(おつぐ)らの撰。840年成立。792年―833年の編年史で,平安初期の根本史料。
→関連項目続日本後紀藤原緒嗣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんこうき【日本後紀】

日本古代の官撰の史書。六国史の第3。40巻。792年(延暦11)から833年(天長10)まで,桓武,平城,嵯峨,淳和の4天皇,43年間のことを記す。仁明天皇の840年(承和7),藤原緒嗣(おつぐ)らの手で完成。応仁・文明の戦乱で散逸し,10巻のみ現存し,他の30巻については,《日本紀略》《類聚国史》等により部分的にしか復元しえない。天皇や官人についての批判的記述のあることが特色で,編纂に終始たずさわった藤原緒嗣の識見によるとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にほんこうき【日本後紀】

六国史の第三。四〇巻。現存一〇巻。819年編集開始、840年に藤原冬嗣・藤原緒嗣おつぐらによって完成。792年から833年の間の史実を漢文・編年体で記述する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本後紀
にほんこうき

『続日本紀(しょくにほんぎ)』に続く勅撰(ちょくせん)の歴史書。40巻。「六国史(りっこくし)」の第三番目。792年(延暦11)より833年(天長10)に至る桓武(かんむ)、平城(へいぜい)、嵯峨(さが)、淳和(じゅんな)四天皇の時代42年間の記録を編年体でまとめたもの。819年(弘仁10)嵯峨天皇の指示を受け、藤原冬嗣(ふゆつぐ)、藤原緒嗣(おつぐ)らが編纂(へんさん)を開始した。その後、藤原緒嗣以外の編者に死亡者が多く、作業は次の淳和天皇の代に持ち越され、編者を補充して続けられたが、十分な成果をあげないうちに天皇の譲位が行われ、編集は停滞した。
 仁明(にんみょう)天皇の代には、改めて藤原緒嗣以下数名の編者が任命され、840年(承和7)に至って完成した。散逸した部分が多く、現在は全40巻のうち、5、8、12、13、14、17、20、21、22、24の10巻しか知られていない。内容では、廷臣の人物を痛烈に批判した伝記の記述に特色がある。写本に1524~33年(大永4~天文2)書写の三条西(さんじょうにし)家本がある。「国史大系」所収。[直木孝次郎]
『坂本太郎著『六国史』(1970・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の日本後紀の言及

【日本逸史】より

…江戸時代,鴨祐之が,当時散逸していた《日本後紀》の復元を試みて編纂した書。40巻20冊(ほかに考異1冊)。…

※「日本後紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本後紀の関連キーワードマンネンタケ(万年茸)三家人部乙麿有智子内親王村岡 良弼藤原内麻呂直木孝次郎県犬養貞守南都七大寺朝野鹿取交野女王大村福吉春澄善縄藤原継縄阿蘇神社霧島神宮柘枝伝説宇倍神社美弥良久島田清田朝原岡埜

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本後紀の関連情報