コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潘岳 はんがくPan Yue

5件 の用語解説(潘岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潘岳
はんがく
Pan Yue

[生]延煕10(247)
[没]永康1(300)
中国,西晋の文学者。けい陽 (けいよう) 中牟 (河南省) の人。字,安仁。幼時から神童の名が高く,最初,司空大尉賈充 (かじゅう) の部下となり,その後秀才となって諸官を歴任したが,趙王司馬倫が政権を握ったとき,父の旧部下の孫秀に中傷されて一族もろとも殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐がく【潘岳】

[247~300]中国、西晋の詩人。滎陽(けいよう)(河南省)の人。字(あざな)は安仁(あんじん)。美男として有名。人の死を悼む哀や誄(るい)の文、詩では妻の死を悼んだ「悼亡詩」3首に才を発揮した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんがく【潘岳 Pān Yuè】

247‐300
中国,晋の詩人。字は安仁。滎陽(けいよう)中牟(河南省)の人。陸機と並ぶ美文の文学の大家で,錦を敷きのべたような絢爛(けんらん)たる趣をたたえられた。ことに人の死を悼む哀傷の詩文を得意とし,亡妻への尽きぬ思いをうたった〈悼亡詩(とうぼうし)〉3首はよく知られる。絶世の美男として,また権門の間を巧みに泳ぎまわる軽薄才子として,とかく話題にこと欠かなかった。八王の乱の渦中で悲劇的な刑死を遂げた。【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はんがく【潘岳】

247~300) 中国、晋の詩人。陸機と並び称され、妻の死を悼んだ「悼亡詩」で知られる。美男の代名詞ともされる。讒言ざんげんにより刑死。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潘岳
はんがく
(247―300)

中国、西晋(せいしん)の文人。字(あざな)は安仁(あんじん)陽中牟(けいようちゅうぼう)(河南省中牟県)の出身。幼時奇童といわれ、武帝のとき「藉田(せきでん)の賦(ふ)」をつくり、才名あがり、かえって人に嫉妬(しっと)され野に隠栖(いんせい)すること10年。のち中央の官僚となったが、出世は意のごとくならず、その不満を漏らして、止足(しそく)の分(ぶん)を知り閑居(かんきょ)の生活こそ望ましいと述べたのが「閑居の賦」である。ときに50歳を過ぎていた。若くして政客孫秀(そんしゅう)の恨みを買い、のち一味と乱をなすと讒言(ざんげん)され処刑される。彼は容儀美しいため、洛陽(らくよう)の道を行けば、婦人たちが果物を投げ入れて車がいっぱいになったという。性は軽薄で利に走りやすく権力家賈謐(かひつ)の門に出入する。その詩には感傷的なものが多く、妻の死を悲しんだ「悼亡(とうぼう)の詩」は名高い。『潘岳集』七巻があった。『晋書』55に伝がある。[小尾郊一]
『興膳宏著『中国詩文選10 潘岳・陸機』(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

潘岳の関連キーワードパルティア高浜(市)オマーンの要覧国権の最高機関唯一の立法機関労働審判放課後子ども教室明石市花火大会歩道橋事故アサヒコーポレーション明石市花火大会の歩道橋事故

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

潘岳の関連情報