コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昌明 しょうみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

昌明 しょうみょう

?-? 平安後期-鎌倉時代の僧。
はじめ延暦(えんりゃく)寺の僧。武芸にすぐれ,平家滅亡後は北条時政にしたがい京都の警備にあたる。のち,源行家追討,奥州藤原氏攻め,承久(じょうきゅう)の乱に活躍。法橋(ほっきょう)を称し,承久3年(1221)但馬(たじま)守護に任じられた。通称は常陸房(ひたちぼう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

昌明の関連キーワードゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOSゴジラ×メガギラス G消滅作戦ゴジラ×メカゴジラ戦国自衛隊1549宍戸弥四郎佐々木秀義佐々木高綱常陸房昌明松平吉品わが子よ前田昌明藤原保則小倉昌明幸田昌明酒呑童子谷 幹一花くらべ但馬国大野城堀浄知

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昌明の関連情報