但馬(読み)たじま

精選版 日本国語大辞典「但馬」の解説

たじま たぢま【但馬】

山陰道八か国の一つ。大化改新で一国となる。鎌倉・南北朝時代に多くの守護が任ぜられ、山名氏が豊臣秀吉にほろぼされてのち、江戸時代には杉原・小出・出石(いずし)などの小藩が分立。明治四年(一八七一)の廃藩置県で豊岡・出石・村岡の三県に分かれたが、まもなく豊岡県に統合され、同九年に兵庫県に編入された。但州。
※古事記(712)中「多遅麻(タヂマ)の国に到り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「但馬」の解説

たじま【但馬】

兵庫の日本酒。酒名は、兵庫県北部の旧地名で、但馬杜氏発祥の地「但馬」に由来。「天」は精米歩合48%で仕込む大吟醸酒。ほかに純米吟醸酒純米酒などがある。平成7、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は粟鹿山の伏流水蔵元の「此の友酒造」は元禄3年(1690)創業。所在地は朝来市山東町矢名瀬町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android