コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明の十三陵 みんのじゅうさんりょう

1件 の用語解説(明の十三陵の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

みんのじゅうさんりょう【明の十三陵】

中国の首都北京、八達嶺(はったつれい)に連なる天寿山の麓にある、明時代の13人の皇帝陵墓。長陵をはじめとして、第3代皇帝・永楽帝から7代皇帝を除く16代皇帝まで13人の陵墓が散在する。15世紀に建てられた鐘鼓楼や古観象台(元の世祖・フビライのときに建造)もあり、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明の十三陵の関連情報