コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明の十三陵 みんのじゅうさんりょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

みんのじゅうさんりょう【明の十三陵】

中国の首都北京、八達嶺(はったつれい)に連なる天寿山の麓にある、明時代の13人の皇帝陵墓。長陵をはじめとして、第3代皇帝・永楽帝から7代皇帝を除く16代皇帝まで13人の陵墓が散在する。15世紀に建てられた鐘鼓楼や古観象台(元の世祖フビライのときに建造)もあり、世界遺産に登録されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

明の十三陵の関連キーワード冠(かんむり)中国建築万暦帝蒯祥

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android