コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘鼓楼 しょうころう

世界の観光地名がわかる事典の解説

しょうころう【鐘鼓楼】

中国の甘粛(かんしゅく)省の酒泉(しゅせん)(チウチュワン)にある建物。紀元346年の前涼時代に創建され、清時代の1905年に再建された。東西南北に4つの門があり、それぞれの門の上には「東迎華嶽」(東に華嶽を迎え)、「西達伊吾」(西は伊吾に達し)、「南望祁連(きれん)」(南は祁連を望み)、「北通砂漠」(北は砂漠に通ず)という門額がかかっている。この門額は、かつてここがシルクロードの要所であったことを物語っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

鐘鼓楼の関連キーワード崇福寺(長崎市)明の十三陵伊吾酒泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android