コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明孝陵 みんこうりょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

みんこうりょう【明孝陵】

中国の江蘇(こうそ)省南京(ナンキン)の紫金山南側中腹にある、明の初代皇帝・朱元璋(しゅげんしょう)の稜墓。朱元璋のほかに、馬皇后、殉死した妾妃や官女など50数名が眠っている。参道には12対の石獣と4対の石人が並び、その先に直径400mの円形の墳墓がある。◇朱元璋は農民の子から成り上がり、南京に明を建てると、「中華の回復」を旗印に元を攻め北京を占領して、元を北へ追いやった。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

明孝陵の関連キーワードツーチン(紫金)山美齢宮中山陵

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android