昔取った杵柄(読み)ムカシトッタキネヅカ

デジタル大辞泉の解説

昔(むかし)取った杵柄(きねづか)

過去に鍛えた腕前。若いころに身につけた技能。「昔取った杵柄で、泳ぎ方に無理がない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかしとったきねづか【昔取った杵柄】

昔きたえて、まだ衰えずに身につけている技能や腕前。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昔取った杵柄の関連情報