無理(読み)むり

精選版 日本国語大辞典「無理」の解説

む‐り【無理】

〘名〙 (形動)
道理に反すること。理由のたたないこと。また、そのさま。非道。〔文明本節用集(室町中)〕
※史記抄(1477)一五「竇嬰灌夫二公は、無理なる罪に逢たぞ」 〔韓愈‐答柳柳州食蝦蟇詩〕
② (━する) しいて行なうこと。強引に事をなすこと。わざとそれらしくすること。また、そのさま。
※三国伝記(1407‐46頃か)六「地獄を作りて、凶人を獄率と為し、無理に罪人を堕す」
※三とせの春は過ぎやすし(1973)〈杉浦明平〉九「むりして東京に入ることもない」 〔顔氏家訓‐省事〕
③ 行ないがたいこと。また、そのさま。困難。
※評判記・剥野老(1662)跋「かかるこはごはしきむばらの口はあくるが無理なれども、ただうちあらはれたる玉のきずをのみしるすなめり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無理」の解説

む‐り【無理】

[名・形動](スル)
物事の筋道が立たず道理に合わないこと。また、そのさま。「無理を言われても困る」「怒るのも無理はない」「無理な言いがかり」
実現するのがむずかしいこと。行いにくいこと。また、そのさま。「無理を承知で、引き受ける」「無理な要求をする」
しいて行うこと。押しきってすること。また、そのさま。「もう無理がきかない」「無理に詰め込む」「あまり無理するなよ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android