無理(読み)むり

精選版 日本国語大辞典「無理」の解説

む‐り【無理】

〘名〙 (形動)
道理に反すること。理由のたたないこと。また、そのさま。非道。〔文明本節用集(室町中)〕
※史記抄(1477)一五「竇嬰灌夫二公は、理なる罪に逢たぞ」 〔韓愈‐答柳柳州食蝦蟇詩〕
② (━する) しいて行なうこと。強引に事をなすこと。わざとそれらしくすること。また、そのさま。
※三国伝記(1407‐46頃か)六「地獄を作りて、凶人を獄率と為し、無理に罪人を堕す」
※三とせの春は過ぎやすし(1973)〈杉浦明平〉九「むりして東京に入ることもない」 〔顔氏家訓‐省事〕
③ 行ないがたいこと。また、そのさま。困難。
※評判記・剥野老(1662)跋「かかるこはごはしきむばらの口はあくるが無理なれども、ただうちあらはれたる玉のきずをのみしるすなめり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無理」の解説

む‐り【無理】

[名・形動](スル)
物事の筋道が立たず道理に合わないこと。また、そのさま。「無理を言われても困る」「怒るのも無理はない」「無理な言いがかり」
実現するのがむずかしいこと。行いにくいこと。また、そのさま。「無理を承知で、引き受ける」「無理な要求をする」
しいて行うこと。押しきってすること。また、そのさま。「もう無理がきかない」「無理に詰め込む」「あまり無理するなよ」
[類語](1狂的アブノーマル異常特異異状異例非常別条不自然変ちくりん変てこ変てこりん余りおかしい異様奇異奇妙みょう面妖めんよう不思議不可解不審奇怪奇態風変わり妙ちきりんけったいおかしなきてれつ珍奇新奇珍妙奇抜奇警奇想天外突飛ファンシー突拍子もない言語道断無茶めちゃむちゃくちゃめちゃくちゃめちゃめちゃ滅法法外乱暴無体理不尽非理不当不条理不合理非合理/(2困難不可能・実現不能・駄目だめ出来ない相談難しい/(3無理矢理強引に押してえてたって

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android