春草の(読み)ハルクサノ

デジタル大辞泉の解説

はるくさ‐の【春草の】

[枕]
芽生えた春の草の愛らしい意から、「めづらし」にかかる。
「―いやめづらしき我が大君かも」〈・二三九〉
春の草が生い繁る意から、「しげし」にかかる。
「―繁き我(あ)が恋大き海の」〈・一九二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はるくさの【春草の】

( 枕詞 )
春草の繁茂することから、恋の思いのしきりである意の「繁し」にかかる。 「 -繁き我が恋/万葉集 1920
春草のやわらかく愛らしいことから、「いやめづらし」にかかる。 「 -いやめづらしき我が大君かも/万葉集 239

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はるくさ‐の【春草の】

① 春の草がめでるべきである意から「愛(め)づらし」にかかる。
万葉(8C後)三・二三九「春草(はるくさの) いやめづらしき 吾が大君かも」
② 春の草が生い繁る意で、「繁(しげ)し」にかかる。
※万葉(8C後)一〇・一九二〇「春草之(はるくさの)繁き吾が恋大海の辺に行く波の千重(ちへ)に積もりぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春草のの関連情報