コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時間性 じかんせいZeitlichkeit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時間性
じかんせい
Zeitlichkeit

自然的通俗的な世界時間 Weltzeitに対する根源的時間を示す現象学的概念。ハイデガーの場合,現存在の本来的存在としての先駆的決意性に依拠しつつ開示される現存在の存在の存在論的「意味」が「時間性」と呼ばれる。こうして人間における究極的存在層が得られ,同時に人間の有限性が統一的な定式へともたらされる。質的かつ有限的であることがこの根源的時間の本質である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

時間性の関連キーワードフレックスタイム制度キネティック・アート医療福祉用ロボットG. デ・キリコジャンケレビチ構造主義論争ハイデッガーシモンドンチョーサーハビトゥス不安の哲学リリシズム世界内存在存在と時間東松照明交通計画デキリコアンリ脱構築マニア

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時間性の関連情報