コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定式 ジョウシキ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐しき〔ヂヤウ‐〕【定式】

定まった儀式。また、きまったやり方。ていしき。
「父の身分はやっと藩主に―の謁見が出来ると云うのですから」〈福沢福翁自伝

てい‐しき【定式】

一定の方式。じょうしき。「定式にのっとる」「定式の作法」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしき【定式】

歌舞伎で舞台美術の各部門における決まったやりかた,または形式という意味。最も多く使われるのは〈大道具〉の部門で,劇場常備の三色引幕(ひきまく)を〈定式幕〉といい,一定様式をもった常備の大道具を〈定式大道具〉,あるいは単に〈定式物〉という。江戸の大衆に重んじられた吉例の思想の影響もあり,歌舞伎の演出に一定の型ができるにともない,いろいろな場面に使用できる便宜のために整備された。鬘,衣装小道具などでも使う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうしき【定式】

定まった儀式・やりかた。定例。ていしき。

ていしき【定式】

一定の形式。きまった方式。じょうしき。 「 -化する」 「 -化された方法」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

定式の関連キーワードエドワード・アルベルト シルズフィッシャーの交換方程式マクスウェルの電磁理論相対論的量子力学プロスペクト理論カルケドン公会議ミンコフスキーアブダクションシュウィンガーフェルマの原理クラウジウスフィッシャー信仰属地主義超多時間理論M. ケンププリンキピアアジェンダボルツマン加速度原理ギブス集合

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定式の関連情報