コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晴富宿禰記 はるとみすくねき

世界大百科事典 第2版の解説

はるとみすくねき【晴富宿禰記】

室町時代,1446‐97年(文安3‐明応6)の壬生(みぶ)晴富の日記。別称《小槻晴富記》《晴富(卿)記》。小槻氏官務家と称され,鎌倉初期に壬生家と大宮家に分かれたが,晴富は1468‐72年(応仁2‐文明4)官務職,小槻氏長者。伝存部分は文明10‐12年,明応1‐6年を中心とする13ヵ年にすぎないが,応仁の乱後の幕府政治,足利義稙と義澄の関係を知る上で貴重。図書寮叢刊《晴富宿禰記》(宮内庁書陵部編纂)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

晴富宿禰記の関連キーワード斎藤妙椿壬生晴富

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android