コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晴富宿禰記 はるとみすくねき

1件 の用語解説(晴富宿禰記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はるとみすくねき【晴富宿禰記】

室町時代,1446‐97年(文安3‐明応6)の壬生(みぶ)晴富の日記。別称《小槻晴富記》《晴富(卿)記》。小槻氏は官務家と称され,鎌倉初期に壬生家と大宮家に分かれたが,晴富は1468‐72年(応仁2‐文明4)官務職,小槻氏長者。伝存部分は文明10‐12年,明応1‐6年を中心とする13ヵ年にすぎないが,応仁の乱後の幕府政治,足利義稙と義澄の関係を知る上で貴重。図書寮叢刊《晴富宿禰記》(宮内庁書陵部編纂)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

晴富宿禰記の関連キーワード今出川公興文安一華心林小笠原宗康直翁宗廉芝観深寿岳景椿節堂祖忠宗観(1)道朝法親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone