コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義稙 あしかが よしたね

10件 の用語解説(足利義稙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

足利義稙

室町幕府第十代将軍。義政の弟義視の嫡男。初名は義材、のち義尹。日野富子の推挙で将軍に任官されるが、幕政の専制化を志す細川政元が富子と結び義稙廃立を企て(明応の政変)、義稙は逃亡した。大内義興に擁され再び将軍となるが、細川高国と対立し京を出奔、「島の公方」「流れ公方」と呼ばれた。大永3年(1523)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしかが‐よしたね【足利義稙】

[1466~1523]室町幕府第10代将軍。義視(よしみ)の子。延徳2年(1490)将軍となり、明応2年(1493)細川政元に追われたが、永正5年(1508)再び将軍となった。大永元年(1521)管領細川高国の乱により淡路に逃れた。島公方(しまくぼう)。流れ公方。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

足利義稙【あしかがよしたね】

室町幕府10代将軍足利義視の子。初名義材(よしき),のち義尹(よしただ)・義稙と改名。足利義尚の死後,日野富子に擁立され1490年将軍となる。1493年近江の六角氏,河内の畠山氏討伐に出陣中,細川政元により将軍を廃立され越中に逃亡。
→関連項目足利義澄畠山政長放生津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義稙 あしかが-よしたね

1466-1523 室町幕府10代将軍。在職1490-93,1508-22*。
文正(ぶんしょう)元年7月30日生まれ。足利義視(よしみ)の子。9代将軍足利義尚(よしひさ)の死後,伯母日野富子らに擁立されて将軍職をつぐ。明応2年細川政元の反乱で将軍を廃されたが,大内義興(よしおき),細川高国の支援で復した。のち高国と対立し,京都をのがれて淡路(あわじ)(兵庫県),阿波(あわ)(徳島県)とうつり,島公方(しまくぼう)とよばれた。大永(たいえい)3年4月9日死去。58歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。初名は義材,のち義尹。法号は恵林院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義稙

没年:大永3.4.7(1523.5.21)
生年:文正1.7.30(1466.9.9)
室町幕府第10代将軍。足利義政の弟義視の嫡男。母は日野政光の娘。延徳2(1490)年1月義政の死後,日野富子の推挙で同年7月将軍に任官(初名義材,のち義尹,義稙)。前将軍足利義尚の遺志を継ぎ将軍親裁権の強化を企て,同3年8月近江六角氏征討の軍を起こし翌年末までにほぼ近江を制圧して凱旋,明応2(1493)年2月には畠山基家を討つための河内出陣を敢行した。しかし幕政の専制化を志す細川政元は富子と結んで義稙の廃立を企て(明応の政変),義稙は河内で虜囚となり,同年6月越中に逃亡した。同7年朝倉氏らの援助で京都奪回を図るも果たさず周防山口に亡命,大内義興を頼った。永正4(1507)年6月,政元の暗殺を奇貨として義興の援助で東上を開始,政元の擁立した将軍足利義澄を追い細川高国と結んで京都を回復し将軍に再任された。この政権は大内,細川の連合政権であったが,同15年義興が帰国したことで高国との対立が生じ,大永1(1521)年京都を出奔。政権回復を果たせないまま阿波で客死,「島の公方」「流れ公方」と呼ばれた。細川氏の戦国大名化に抗して将軍権威の復興を図るも成功せず,将軍流浪現象を演じた。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

足利義稙

 室町幕府の10代目将軍で、将軍の職をおわれて、山口の大内義興[おおうちよしおき]のところへ身を寄せます。後に大内義興によって再び将軍に返り咲きますが、再び将軍職をおわれます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがよしたね【足利義稙】

1466‐1523(文正1‐大永3)
室町幕府10代将軍。院号恵林院。初め義材(よしき),のち義尹(よしただ)。義視の子。9代将軍義尚が1489年(延徳1)近江で陣没したとき,義尚の母日野富子らの推挙で次期将軍に嗣立され,美濃より上洛した。90年大御所義政が没してのち幕府の実権を握り,義尚の遺志を継ぎ第2次六角征伐,河内出陣の軍を起こしたが,これが因で細川政元と対立,93年(明応2)4月政元のクーデタにより逮捕,将軍を廃立された。しかし同年越中に逃亡,99年京都奪回を企図したが果たさず周防の大内義興を頼り,1508年(永正5)義興の援助で上洛に成功し,将軍に還任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あしかがよしたね【足利義稙】

1466~1523) 室町幕府一〇代将軍(在職(1490~1493)・1508~1521)。義視よしみの子。島公方・流れ公方とよばれる。1490年将軍となり、93年出陣中細川政元にそむかれ将軍職を追われた。1508年大内義興よしおきの支援で復職したが、細川高国と対立して、21年淡路に出奔、阿波で没した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義稙
あしかがよしたね

[生]文正1(1466).7.30. 京都
[没]大永3(1523).4.7. 阿波,撫養
室町幕府 10代将軍 (在職 1490~1521) 。初名は義材,のち義尹,義稙と改名。父は義視,母は日野重政の娘 (富子の妹) 。将軍義政の継嗣となる。長享1 (1487) 年従五位下,左馬頭,延徳2 (90) 年従四位下,参議,右近衛中将征夷大将軍

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利義稙
あしかがよしたね
(1466―1523)

室町幕府第10代将軍。文正(ぶんしょう)元年7月30日(一説に29日)生まれ。准三宮(じゅさんぐう)足利義視(よしみ)の子。初名義材(よしき)、ついで義尹(よしただ)、1513年(永正10)より義稙と改名。前将軍義尚(よしひさ)が近江(おうみ)(滋賀県)出征中に陣没したため、日野富子らの推挙で擁立された。義尚の遺志を継いで第二次六角(ろっかく)征伐や河内(かわち)(大阪府)出陣を強行したが、将軍親裁権を強化する結果となり管領(かんれい)細川政元(まさもと)と対立、1493年(明応2)河内出征中に政元のクーデターで将軍位を剥奪(はくだつ)され幽閉されたが、越中(えっちゅう)(富山県)に脱出、のち周防(すおう)(山口県)に逃れ再起を図る。1508年細川高国(たかくに)や大内義興(よしおき)の援助で将軍に復職、細川・大内両氏均衡のうえに幕政を主導したが、義興帰国後は高国と対立、1521年(大永1)京都を出奔し、大永(たいえい)3年4月9日阿波(あわ)(徳島県)で客死した。「流れ公方(くぼう)」「嶋(しま)の公方」と称された。[今谷 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足利義稙の言及

【越中国】より

…旧国名。現在の富山県全域にあたる。
【古代】
 北陸道に属する上国(《延喜式》)。北陸の地一帯は古くは(こし)と総称されたが,律令国家の形成過程で越前,越中,越後の3国に分割された。その時期は明確ではないが,《日本書紀》持統6年(692)9月癸丑条に〈越前国司白蛾を献ず〉と見えるのが分割された国名の初見である。20年前の672年7月の記事には〈越〉とあり,おそらくこの間に3国の分立をみたものであろう。…

【放生津】より

…しかし畠山氏の分裂抗争のため,1455年(康正1)家督を継いだ義就派の攻撃で,政長派の神保国宗が放生津城から撤退したこともある。93年(明応2)細川政元のクーデタで将軍を廃され幽閉された足利義材(よしき)(足利義稙(よしたね))は,同年6月に脱出して放生津の神保長誠(ながのぶ)のもとに拠り,再起を図って,98年まで滞在した。この間,義材の放生津御座所を越中御所,義材を越中公方と称し,放生津には幕府奉公衆や奉行人,さらに公家衆も多く下向し,また伊勢貞仍(さだより),飛鳥井雅康,宗祇らの文人も来訪,活況を呈した。…

※「足利義稙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利義稙の関連キーワード有馬元家足利正知室町殿安養院一対局大館佐子北畠教具朽木稙綱(1)曾我尚祐妙音院

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足利義稙の関連情報