壬生(読み)みぶ

  • (通称)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都市中京区西部の一地区。東は大宮通,西は西大路,北は三条通,南は松原通までの地域。地名は,古来より湧き水が多かったため「水生」と呼ばれたことの転化。平安京の壬生大路 (現壬生川通付近) が東寄りを南北に通る。低湿なため明治期まではセリミブナなどを産する近郊農村であった。現在では中小工場の多い市街地として発展し,特に染色業が行われる。幕末には新撰組の屯所がおかれた。壬生狂言 (重要無形民俗文化財) で知られる壬生寺 (地蔵院) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

京都市中京区の地名。染色工場が多い。壬生寺がある。
栃木県中南部、下都賀しもつが郡の町。近世、鳥居氏の城下町。乾瓢かんぴようを特産。輸出玩具工場団地がある。
姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 京都市中京区西部の地名。東西を大宮通と西大路通、南北を松原通と三条通に囲まれる地域。平安京衰退ののちは湿潤の地のため田野となり、水菜、セリ、ゴボウなどの野菜の産地として知られた。染色工場が多い。壬生寺、新撰組屯所跡がある。
[二] 平安京左京の南北の大路の一つ。大内裏の美福門に始まり九条大路に至る。今の壬生川通がほぼこれに当たる。美福門大路。
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

壬生の関連情報