コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生 みぶ

5件 の用語解説(壬生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壬生
みぶ

京都市中京区西部の一地区。東は大宮通,西は西大路,北は三条通,南は松原通までの地域。地名は,古来より湧き水が多かったため「水生」と呼ばれたことの転化。平安京の壬生大路 (現壬生川通付近) が東寄りを南北に通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

壬生【みぶ】

京都市中京区南西部地区。古くは低湿地でミブナ(ミズナの変種)を産した。現在は住宅地区で,豊富な地下水を利用する染色工場が多い。壬生狂言で有名な壬生寺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みぶ【壬生】

京都市中京区の地名。染色工場が多い。壬生寺がある。
栃木県中南部、下都賀しもつが郡の町。近世、鳥居氏の城下町。乾瓢かんぴようを特産。輸出玩具工場団地がある。

みぶ【壬生】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壬生の関連情報