暗号通貨(読み)アンゴウツウカ

デジタル大辞泉の解説

あんごう‐つうか〔アンガウツウクワ〕【暗号通貨】

不正防止のため、高度な暗号技術を用いる仮想通貨クリプトカレンシー。クリプトコイン。→ビットコイン
[補説]ネットワーク上で共有される取引情報により管理され、受け渡しの整合性を確認することで通貨として機能する。確認作業の際には膨大な計算が必要なため、通貨の流通量が極端に増加しない仕組みになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暗号通貨の関連情報