仮想通貨(読み)かそうつうか(英語表記)virtual currency

日本大百科全書(ニッポニカ)「仮想通貨」の解説

仮想通貨
かそうつうか
virtual currency
digital currency

インターネット上で決済や送金の手段として利用できる特別の財産的価値のこと。法定通貨との誤解が生じることを避け、また、国際的な用語法とあわせて、2019年(令和1)の資金決済法改正以降は、暗号資産crypto assetと称されている。

[福原紀彦 2021年6月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「仮想通貨」の解説

かそう‐つうか〔カサウツウクワ〕【仮想通貨】

紙幣硬貨のような現物をもたず、電子データのみでやりとりされる通貨。主にインターネット上での取引に用いられ、特定国家による価値の保証はない。不正防止のために高度な暗号化技術を用いているものは、暗号通貨ともいう。デジタル通貨バーチャルカレンシー。→ビットコイン
[補説]令和元年(2019)5月に可決された改正資金決済法において、法令上は暗号資産と称するよう定められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「仮想通貨」の解説

仮想通貨【かそうつうか】

インターネット上でのみ流通する,紙幣や貨幣を持たず公的金融機関を媒介しない通貨。→ビットコイン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android