コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇慧 どんえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曇慧 どんえ

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の僧。
日本書紀」によれば,先に来日していた僧道深(どうじん)らと交代するため,欽明(きんめい)天皇15年(554)五経博士や暦博士,易博士ら8人とともに来日した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

曇慧

生年:生没年不詳
6世紀に渡来した百済僧。入唐して仏法を学び,大小二乗に通じていたという。欽明15(554)年,それ以前に日本に来ていた道深ら7人の僧に代えて百済が日本に送った僧9人のうちのひとりであった。

(若井敏明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

曇慧の関連キーワード生年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android