コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五経博士 ごきょうはかせWu-jing bo-shi

6件 の用語解説(五経博士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五経博士
ごきょうはかせ
Wu-jing bo-shi

中国の前漢,武帝のときに設けられた教育の官職。儒学を国教化しようとした董仲舒 (とうちゅうじょ) の建策によって武帝の建元5 (前 136) 年に設けられた易・書・詩・礼 (れい) ・春秋の五経それぞれ専門に弟子に教える博士のこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごきょう‐はかせ〔ゴキヤウ‐〕【五経博士】

前136年、中国武帝董仲舒(とうちゅうじょ)の建言により、五経を教授し、文教をつかさどるために制定した学官。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

五経博士【ごきょうはくし】

中国,前漢時代におかれた官職。博士はすでに秦代からあり,〈古今を通じることをつかさどる〉ものであった。漢の武帝は前136年に董仲舒(とうちゅうじょ)の献言を入れて初めて五経博士をおいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごきょうはくし【五経博士 Wǔ jīng bó shì】

中国,漢の太学の教官。漢の武帝のときにはじまる。博士官はすでに秦代から存在したが,五経博士は五経のみを,しかもそれぞれ1経を専門に教授した。博士となることができたのは,王朝によって公認された学派に属する50歳以上の学者に限られ,学派の分立にともなって後漢代には14博士をかぞえたものの,彼らはすべて今(きん)文学者であった。【吉川 忠夫】
[日本]
 日本では〈ごきょうはかせ〉という。6世紀に百済から来朝した学者で,《易経》《書経》《詩経》《礼記(らいき)》《春秋》の五経に通じた人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごきょうはかせ【五経博士】

五経に精通し教授した学者。前漢の武帝の時に置かれた。日本書紀に、継体・欽明朝に百済より来日したという記録がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五経博士
ごきょうはかせ

百済(くだら)の官職名で、百済から大和(やまと)朝廷に派遣され、『易経(えききょう)』『詩経』『書経』『春秋(しゅんじゅう)』『礼記(らいき)』に精通し教授した儒学者をさす。『日本書紀』には513年(継体天皇7)百済は五経博士段楊爾(だんように)を貢したが、3年後に彼を帰国させ、かわって漢高安茂(あやのこうあんも)を貢したとみえる。また554年(欽明天皇15)百済は五経博士王柳貴(おうりゅうき)を貢し、固徳馬丁安(ことくめちょうあん)にかえた。五経博士の貢上は、512~513年に任那(みまな)割譲によって領土を拡大した百済が大和朝廷に与えた代償で、帰化ではなく年期を定めた貢上・交代制であった点に、百済からの文化輸入上画期的な意義をもっている。[前川明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone