コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最外殻電子 サイガイカクデンシ

デジタル大辞泉の解説

さいがいかく‐でんし〔サイグワイカク‐〕【最外殻電子】

原子核から最も遠く最も高いエネルギーをもつ電子殻に存在する電子原子の化学的性質や反応性を決定する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の最外殻電子の言及

【化学結合】より

…そのなかで化学結合との関係で重要なことは次の3点である。 (1)元素の化学的性質は,関与している軌道のうちでエネルギーの高いほうの軌道にある電子(最外殻電子)の数によりおもに決まる。事実,周期表の同じ族に属する元素の最外殻電子の配置はよく似ている。…

※「最外殻電子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

最外殻電子の関連キーワードルイス‐ラングミュアの原理イオン化エネルギーアベッグの規則非共有電子対オージェ電子ドーパント共有電子対希ガス元素電子親和力金属結合三重結合HⅡ領域二重結合ドナー半導体原子価最外殻

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android