最大瞬間風速(読み)さいだいしゅんかんふうそく

精選版 日本国語大辞典「最大瞬間風速」の解説

さいだい‐しゅんかんふうそく【最大瞬間風速】

〙 ある期間中またはある時間帯における瞬間風速最大値。ふつうは一〇分間の平均風速の約一・五倍。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最大瞬間風速」の解説

さいだい‐しゅんかんふうそく【最大瞬間風速】

ある時間帯または期間での瞬間風速の最大値。普通は最大風速の約1.5倍。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の最大瞬間風速の言及

【風】より

…これは空気が一様に流れているものではなく,種々雑多な大きさの渦をまきこみながら一般流に流されているためである。変動している風速のある時間帯の平均風速と風速の変動成分の標準偏差の比を〈乱れの強さ〉と呼び,その期間でいちばん大きな風速を最大瞬間風速といい,平均風速に対する最大瞬間風速の比を突風率と定義している。一般に突風率の値は1.5~2の値をとるとされている。…

※「最大瞬間風速」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android