コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大瞬間風速 サイダイシュンカンフウソク

2件 の用語解説(最大瞬間風速の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいだい‐しゅんかんふうそく【最大瞬間風速】

ある時間帯または期間での瞬間風速の最大値。普通は最大風速の約1.5倍。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の最大瞬間風速の言及

【風】より

…これは空気が一様に流れているものではなく,種々雑多な大きさの渦をまきこみながら一般流に流されているためである。変動している風速のある時間帯の平均風速と風速の変動成分の標準偏差の比を〈乱れの強さ〉と呼び,その期間でいちばん大きな風速を最大瞬間風速といい,平均風速に対する最大瞬間風速の比を突風率と定義している。一般に突風率の値は1.5~2の値をとるとされている。…

※「最大瞬間風速」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

最大瞬間風速の関連情報