瞬間風速(読み)しゅんかんふうそく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瞬間風速
しゅんかんふうそく

3秒間の風速の平均値。風速とは1秒間に空気が何メートル動いたかを示している。ただし風速は一定ではないため気象庁は、風速計によって1秒間に4回(0.25秒間隔)風速を観測し、その値を瞬間風速としていたが、2007年(平成19)12月より、3秒間(0.25秒間隔の観測値の12個分)の平均値に改めた。天気予報などで使用している「風速」とは10分間の平均値(平均風速)を使用しており、その最大値を最大風速とよぶ。一方の瞬間風速は、3秒間の平均値であり、その最大値のことを最大瞬間風速とよぶ。日本での観測史上最大風速は1942年(昭和17)4月5日に富士山で観測された72.5メートル。観測史上最大瞬間風速は1966年9月25日にやはり富士山で観測された91.0メートルである。

 気象庁が2013年3月に改訂した「風の強さの解説表」によると、おおよその瞬間風速が20メートル~30メートルを「強い風」、30メートル~40メートルを「非常に強い風」、40メートル~50メートルを「非常に強い風」から「猛烈な風」、50メートル以上を「猛烈な風」に相当するとしている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瞬間風速
しゅんかんふうそく
instantaneous wind speed

時間的に刻々変動する風速を連続して測定した場合の,ある瞬間における速。ある時間中に得られた最大最大瞬間風速という。最大瞬間風速はそのときの 10分間平均風速の 1.5~3倍以上になることがあり,建造物の設計にはこの風速が重要なものとなる。気象庁では従来,瞬間風速の値に風速計測定値(0.25秒間隔)を用いてきたが,2007年12月から世界気象機関 WMOが推奨している 3秒間の平均値(0.25秒間隔の計測値 12個の平均値)を採用することとなった。これにより瞬間風速は平均して 10%程度小さい値となるが,最大瞬間風速の極値順位はそのまま使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅんかん‐ふうそく【瞬間風速】

絶えず変動している風速の瞬間的な値。→最大瞬間風速
[補説]天気予報や気象情報では3秒間の平均値を用いる。かつては、0.25秒間隔で計測される風速計の測定値をそのまま使用していたが、平成19年(2007)から国際基準に合わせて変更された。瞬間風速は、風速(10分間平均風速)の1.5倍から3倍以上になることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android