コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞬間風速 しゅんかんふうそく instantaneous wind speed

4件 の用語解説(瞬間風速の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瞬間風速
しゅんかんふうそく
instantaneous wind speed

時間的に刻々変動する風速を連続して測定した場合の,ある瞬間における風速。ある時間中に得られた最大値を最大瞬間風速という。最大瞬間風速はそのときの 10分間平均風速の 1.5~3倍以上になることがあり,建造物の設計にはこの風速が重要なものとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅんかん‐ふうそく【瞬間風速】

絶えず変動している風速の瞬間的な値。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅんかんふうそく【瞬間風速】

風速の瞬間的な値。絶えず変動しており、風速計で測る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瞬間風速
しゅんかんふうそく

3秒間の風速の平均値。風速とは1秒間に空気が何メートル動いたかを示している。ただし風速は一定ではないため気象庁は、風速計によって1秒間に4回(0.25秒間隔)風速を観測し、その値を瞬間風速としていたが、2007年(平成19)12月より、3秒間(0.25秒間隔の観測値の12個分)の平均値に改めた。天気予報などで使用している「風速」とは10分間の平均値(平均風速)を使用しており、その最大値を最大風速とよぶ。一方の瞬間風速は、3秒間の平均値であり、その最大値のことを最大瞬間風速とよぶ。日本での観測史上最大風速は1942年(昭和17)4月5日に富士山で観測された72.5メートル。観測史上最大瞬間風速は1966年9月25日にやはり富士山で観測された91.0メートルである。
 気象庁が2013年3月に改訂した「風の強さの解説表」によると、おおよその瞬間風速が20メートル~30メートルを「強い風」、30メートル~40メートルを「非常に強い風」、40メートル~50メートルを「非常に強い風」から「猛烈な風」、50メートル以上を「猛烈な風」に相当するとしている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瞬間風速の関連キーワード熱線風速計ロビンソン風速計鳥目自記風向風速計電子基準点持続血糖測定個人内変動為替変動リスク友田好文測風器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瞬間風速の関連情報