最寄貝塚人(読み)もよろかいづかじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最寄貝塚人
もよろかいづかじん

オホーツク文化期の墳墓遺跡,北海道網走の最寄貝塚から出土したオホーツク人の人骨。同時代にその近辺に住んでいた人々と異なる形質をそなえ,シベリアや極北のモンゴロイドとの類似が指摘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android