極北(読み)キョクホク

デジタル大辞泉の解説

きょく‐ほく【極北】

北の果て。北極に近い所。
物事が極限にまで達したところ。「純文学の極北を目指す試み」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょく‐ほく【極北】

〘名〙
のはて。北極に近い所。窮北
※明六雑誌‐一〇号(1874)西学一斑〈中村正直訳〉「南方の産物極北の人これを用ふるを得」
② (比喩的に) 物事が極限にまで到達したところ。
文芸的な、余りに文芸的な(1927)〈芥川龍之介〉四〇「文芸上の極北は━或は最も文芸的な文芸は僕等を静かにするだけである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

極北の関連情報