コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小仕事の理論 least-work theory

法則の辞典の解説

最小仕事の理論【least-work theory】

不静定構造物の変形について,応力が加えられたときに,弾性部材に蓄えられるエネルギー極小になるような変形となるという理論.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

最小仕事の理論の関連キーワードカスティリアーノの第二定理不静定構造物