コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月光亭笑寿 げっこうてい しょうじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月光亭笑寿 げっこうてい-しょうじゅ

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸芝神明町にすむ。文政2年(1819)草双紙「小紫権八(ごんぱち)」をあらわす。夫の浮世絵師勝川春扇(しゅんせん)が挿絵をえがいた。別号松寿,月好亭。作品はほかに「ふじあさま雪の曙(あけぼの)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

月光亭笑寿の関連キーワード戯作

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android