コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有り無し アリナシ

デジタル大辞泉の解説

あり‐なし【有り無し】

[名]あることとないこと。あるかないか。有無(うむ)。「経験の有り無しは問わない」
[形動ナリ]
あるかないかわからないほどに、かすかなさま。
「小山田の庵にたく火の―にたつ煙もや雲となるらむ」〈千載・雑中〉
いるかいないかわからないほどに、軽視するさま。
「殿様我を―にあそばし」〈浮・一代女・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ありなし【有り無し】

( 名 )
あるかないか。また、いるかいないか。 「世に-を知らるるかたなくて/浜松中納言」
( 形動ナリ )
あるかないか、また、いるかいないか分からぬほどにかすかなさま。 「北の方年老い給て、-にて聞えなどすめれど/栄花 様々の悦
あってもなくてもよいほどに軽く扱うさま。あっても無用なさま。 「殿様我を-にあそばし/浮世草子・一代女 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有り無しの関連キーワードインド哲学/用語浮世草子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有り無しの関連情報