有光 次郎(読み)アリミツ ジロウ

20世紀日本人名事典の解説

有光 次郎
アリミツ ジロウ

昭和・平成期の文部行政官 元・日本芸術院院長;元・文部事務次官。



生年
明治36(1903)年12月15日

没年
平成7(1995)年2月22日

出生地
高知県高知市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
NHK放送文化賞〔昭和47年〕,勲一等瑞宝章〔昭和49年〕,東京都名誉都民〔平成1年〕

経歴
昭和2年文部省入省。科学局長、体育局長、教科書局長などを歴任後、22年文部事務次官に就任。教育基本法の制定、六三制の実施などに尽力した。23年退官。24年より吾嬬製鋼所社長、会長、日本棋院理事長、武蔵野美術大学学長、東京家政学院大学学長を経て、54年〜平成2年日本芸術院院長。ほかに映倫管理委員会委員長、国語審議会会長などもつとめた。著書に「宗教行政」「戦後教育と私」「有光次郎日記」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android