コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有効保護率 ゆうこうほごりつ effective rate of protection

1件 の用語解説(有効保護率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有効保護率
ゆうこうほごりつ
effective rate of protection

ある国内製品を作るための原材料の投入財に課される関税を考慮し,実際の保護の程度をその製品の単位付加価値で測る方法。一般に各国の関税構造は,加工度が高まるにつれ関税率が高まるというタリフ・エスカレーションを持っているので,加工度の高い最終財は,その財の関税率による見かけの保護よりも手厚い保護を受けている,というのが有効保護率の発想である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の有効保護率の言及

【関税】より

…しかし当該商品の原材料を輸入に頼っている場合には,原材料に対する輸入関税率の大きさによって,当該商品産業が保護される程度が影響を受ける。原材料に対する関税を考慮し,当該商品の実質的な保護の程度を表す関税率を〈有効関税率〉(有効保護率)という。第2に,関税額だけ財政収入が増加するという効果がある。…

※「有効保護率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

有効保護率の関連キーワード水平的分業加工原材料資材動脈物流種字素原材料材料費塩の原材料等量曲線

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone