コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発想 ハッソウ

デジタル大辞泉の解説

はっ‐そう〔‐サウ〕【発想】

[名](スル)
物事を考え出すこと。新しい考えや思いつきを得ること。また、その方法や、内容。「発想を切り換える」「先入観を捨てて発想する」
芸術作品など、表現のもとになる考えを得ること。「現実の事件から発想した小説」
音楽で、楽曲のもつ気分や情緒緩急強弱などによって表現すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっそう【発想】

( 名 ) スル
あることを思いつくこと。また、その思いついた考え。思いつき。 「子供らしい-」
考えを展開させたり、まとめたりして形をとらせること。 「奇抜なことを-する」 「 -の似た小説」
音楽で、楽曲の曲想・緩急・強弱などを表現すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

発想の関連キーワードアレグロ[allegro(伊)]トランスカジュアルプロダクトアウトグランディオーソアッパショナートスフォルツァンドアパッショナートコンベンショナルミステリオーソスケルツァンドアカプリッチョエスプレッシボグラツィオーソソットボーチェカンタービレマエストーソトランクイロレッジェーロセリオーソコンセプト

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発想の関連情報