発想(読み)はっそう

精選版 日本国語大辞典「発想」の解説

はっ‐そう ‥サウ【発想】

〘名〙
① (━する) 思想や感情などをある形に構成して表現すること。また、その構成した考え。
※日本の橋(1936)〈保田与重郎〉「さういふところから、片恋や失恋をことの初めに考へ、うらみわびの心をさきに発想して」
② (━する) どう取り扱い、どうまとめるかという考えが浮かぶこと。また、その考えのもとになる思いつき。
※西行(1942)〈小林秀雄〉「どういふ発想からかういふ歌が生れたか」
③ 音楽で、楽曲のもつ気分を的確に表現するための演奏の緩急や強弱など。→発想記号。〔音楽字典(1909)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発想」の解説

はっ‐そう〔‐サウ〕【発想】

[名](スル)
物事を考え出すこと。新しい考えや思いつきを得ること。また、その方法や、内容。「発想を切り換える」「先入観を捨てて発想する」
芸術作品など、表現のもとになる考えを得ること。「現実の事件から発想した小説」
音楽で、楽曲のもつ気分情緒を緩急・強弱などによって表現すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android