有明袋(読み)ありあけぶくろ

精選版 日本国語大辞典の解説

ありあけ‐ぶくろ【有明袋】

〘名〙 (朝早く持って出発するところからいう) 昔、旅行にたずさえた袋。などにつけて携帯した。
※随筆・海録(1820‐37)一二「有明袋、表貲布、裏紅、中に入る品、鎌ごまめに搗栗に艾、暁毎の道途に持出るもの故、有明ぶくろといふ由」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android