コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搗栗(読み)かちぐり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

搗栗
かちぐり

くりの実を殻のまま乾かすか,火に当てて乾かしたものを,で搗 (か) いて殻と渋皮をとった食物。「搗つ (臼でつくこと) 」と「勝つ」が共通するところから,縁起をかついで古くは出陣祝いに供された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

搗栗【かちぐり】

クリの実を乾燥し,焙炉(ほいろ)で加熱して臼(うす)でつき,殻と渋皮を除いたもの。小粒種のシバグリを用いる。縁起物として出陣の際に食し,江戸初期には〈勝栗〉としてめでたい食品とされていた。現今も正月など祝儀に用いる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かちぐり【搗栗】

乾燥させたクリの実を臼でついて殻と渋皮をとったもの。江戸前期の《本朝食鑑》(1697)などは天日で干しあげたものをつくとし,後期の《草木六部耕種法》(1823)などは1昼夜ほど〈あく〉につけてから同じようにしてつくるとしている。〈搗栗子〉の語は奈良時代から見られ,《延喜式》には,丹波その他の諸国から貢納され,神祭仏会などの料として〈平栗子〉〈干栗子〉〈甘栗子〉〈生栗子〉などと併記された例も見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の搗栗の言及

【クリ(栗)】より


[利用]
 古代人の遺跡からは炭化したクリが発掘されている。乾果ではかちぐり(搗栗)が一般的で,奈良・平安の時代から食用に利用され,戦国時代には兵糧として用いられた。現在では栗飯,ゆで栗,焼き栗のほか,ようかん,きんとん,マロングラッセその他各種の菓子原料に用いられる。…

※「搗栗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android