有竹 修二(読み)アリタケ シュウジ

20世紀日本人名事典の解説

有竹 修二
アリタケ シュウジ

昭和期の新聞人,著述家



生年
明治35(1902)年5月20日

没年
昭和51(1976)年6月3日

出生地
兵庫県

学歴〔年〕
慶応義塾大学経済学部〔大正15年〕卒

経歴
大正15年朝日新聞東京本社に入り、経済部、政治部、昭和14年整理部次長、17年論説委員となり「神風賦」(後の天声人語)を担当した。20年記事審査部長、与論調査室主査となった。21年依願退社し、その後時事新報政治部長、編集局長、常務取締役となった。公職資格訴願審査委員も務めた。著書に「昭和経済側面史」「昭和大蔵省外史」「昭和財政家論」「昭和の宰相」「斎藤実伝」「岡田啓介伝」「野村秀雄」「講談・伝統の話芸」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android