コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部倉次郎 はっとり・くらじろう

1件 の用語解説(服部倉次郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

服部倉次郎

没年:大正9.5.5(1920)
生年:嘉永6.10.10(1853.11.10)
明治大正期,浜名湖畔の養殖業発展の基礎を築いた養魚家。武蔵国葛飾郡千田新田(東京都江東区)の漁師五郎兵衛の長男。父の死後家業を継いだ叔父徳次郎(五郎兵衛と改名)と共に川魚の捕獲,養殖に従事。慶応2(1866)年,はじめて鼈の養殖を試み,明治8(1875)年に至って産卵に,同12年にようやく孵化に成功。以後,養池の改良や飼料の研究を進め,鰻,鯔の養殖にも取り組む。17年深川養魚,30年洲崎養魚などの会社を興す。32年愛知県水産試験場嘱託となり同所へ出張の途中浜名湖畔を養殖の適地と着目。同年静岡県舞阪町吹上に養鼈池7町歩を設置。以後同湖畔に鰻などの養殖池を拡大した。弟吉五郎(秋山)は金魚の養殖家として著名。<参考文献>片山房吉「日本水功伝」18(『水産界』726号)

(澤木武美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の服部倉次郎の言及

【養殖】より

…明治になって始められたものにウナギの養殖がある。1879年に服部倉次郎が東京深川に2町歩(2ha)の池を造って経営を始めたという。ウナギ養殖が産業として確立し始めたのは明治末期から大正初期にかけてであり,静岡県,愛知県,三重県の3県が主産地となった。…

※「服部倉次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

服部倉次郎の関連キーワード舞阪養殖業海面養殖業水産養殖天竜浜名湖鉄道小西伝助関直之高島末五郎寺田彦八郎服部倉治郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone