望月周三郎(読み)もちづき しゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月周三郎 もちづき-しゅうざぶろう

1892-1967 大正-昭和時代の解剖学者。
明治25年3月2日生まれ。京都帝大助教授をへて大正12年慶大教授。昭和24年岐阜県立医工大(現岐阜大)学長となり,のちふたたび慶大教授。昭和42年7月22日死去。75歳。千葉県出身。京都帝大卒。旧姓は国松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android