コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月朴清(4代) もちづき ぼくせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月朴清(4代) もちづき-ぼくせい

1934-2007 昭和後期-平成時代の歌舞伎囃子(はやし)方。
昭和9年1月8日生まれ。望月流。父の9代望月太左衛門に小鼓(こつづみ)をまなび,昭和25年初舞台。30年尾上菊五郎劇団の「土蜘蛛(つちぐも)」公演で立鼓を担当し,63年から劇団の囃子代表。11代望月太左衛門をへて,平成5年4代朴清を襲名し,55年ぶりに名跡を復活させた。10年人間国宝。平成19年9月20日死去。73歳。東京出身。暁星学園卒。本名は安倍啓仁(ひろまさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

望月朴清(4代)の関連キーワード[各個指定]芸能部門清水宏アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android