木切(読み)ききり

  • きぎれ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 木を切ること。また、木を切る人。
※経覚私要鈔‐文安四年(1447)二月一〇日「木切には飯三度、酒以下給之了」
※秋立つまで(1930)〈嘉村礒多〉「左の人差指は木伐りの際斧を打ち込んで骨を砕き」
〘名〙 木のきれはし。木のはし。木片。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)八「皮きれ木きれをさいしいてした者ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android