木村徳応(読み)きむら とくおう

美術人名辞典の解説

木村徳応

江戸前期の画家。京都の人。法橋に至る。高野聖方松雲院の観言像、宇治平等院釣殿に安置する観音厨子扉の仏画を描く。延宝頃(1673~1681)の人。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村徳応 きむら-とくおう

?-? 江戸時代前期の画家。
延宝-貞享(じょうきょう)(1673-88)ごろの人。京都の錦小路室町にすんだ。仏画師で諸宗の祖師像を模写するのを得意とした。法橋(ほっきょう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村徳応の関連情報