コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村徳応 きむら とくおう

2件 の用語解説(木村徳応の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木村徳応

江戸前期の画家。京都の人。法橋に至る。高野聖方松雲院の観言像、宇治平等院釣殿に安置する観音厨子扉の仏画を描く。延宝頃(1673~1681)の人。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村徳応 きむら-とくおう

?-? 江戸時代前期の画家。
延宝-貞享(じょうきょう)(1673-88)ごろの人。京都の錦小路室町にすんだ。仏画師で諸宗の祖師像を模写するのを得意とした。法橋(ほっきょう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木村徳応の関連キーワード一運奥山清遊勝継河井清閑雪林高木永相常世昌以能勢長月松原探梁茘閲

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村徳応の関連情報