コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖師像 そしぞう

2件 の用語解説(祖師像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖師像
そしぞう

仏教の一宗一派の開祖や開山,あるいはその法系の高僧を絵画,彫刻で表わした肖像。各宗の寺院では祖師像を祀る祖師堂や開山堂が建立され,祖師会,開山忌を行う。密教,禅宗では祖師崇拝が重視され,祖師像の制作も盛んに行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そしぞう【祖師像】

祖師とは釈迦より仏教を伝授され,これを集大成し,発展させ,あるいはそれによって一宗一派を開創し,またこれをひろめた高僧たちを指し,これら祖師の肖像を祖師像という。仏教の始祖たる釈迦とその教えに対する信仰は,インド,中国,日本各地にあってこれを伝えひろめた各祖師たちへの尊敬へと発展し,多くの肖像が製作された。まず仏教成立初期の釈迦在世時代,釈迦に近侍し直接教えを受けた仏弟子としての大迦葉,阿難などの十大弟子像があり,日本では清凉寺大報恩寺などの像が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の祖師像の言及

【肖像】より

… 日本の肖像は,中国の影響を受けて発達したため,当初勧戒画あるいは礼拝対象として成立した。仏教における祖師像は礼拝,供養の対象として制作され,御影(みえ)像を生む。御物の《聖徳太子像》も祖師像の一種だが,むしろ中国の勧戒画的要素が強い。…

※「祖師像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

祖師像の関連キーワード伝光録奥許し御祖師様師伝前仏祖師祖師西来伝授事仏典《ウパニシャッドより仏教まで》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祖師像の関連情報