杉折(読み)すぎおり

精選版 日本国語大辞典「杉折」の解説

すぎ‐おり ‥をり【杉折】

〘名〙 材の薄い板(へぎ板)で作った四角の小箱菓子料理などを入れるのに用いた。折箱(おりばこ)
※俳諧・誹諧独吟集(1666)下「ひえ坂来るは京衆なるらし 提重(さげぢゅう)に峯の杉折持添て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「杉折」の解説

すぎ‐おり〔‐をり〕【杉折(り)】

杉の薄い板で作った平たい小箱。菓子・料理などを入れるのに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の杉折の言及

【折】より

…《嬉遊笑覧》がいうように〈ささやかな折〉の意と思われるが,料亭で飲食した残りの料理を,京坂ではタケの皮に包み,江戸では笹折に詰めて持ち帰ると《守貞漫稿》は書いている。現在では笹折は,スギ板を用いた杉折以外の,トウヒ,エゾマツなどを材料とするものとされている。【鈴木 晋一】。…

※「杉折」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android