コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李容翊 りようよく (R)I Yong‐ik

1件 の用語解説(李容翊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りようよく【李容翊 (R)I Yong‐ik】

1854‐1907
朝鮮,李朝末期の政治家。咸鏡道出身。1882年の壬午軍乱時に閔妃(びんひ)の忠州逃避行を助けて高宗の信任を得,90年代初めにかけて江界府使兼西北鉱務監理など北部朝鮮の要地の地方官を歴任した。1888年には在任中の不法誅求の罪で一時期全羅道智島に流配された。97年典圜(てんえん)局長となり貨幣発行にあたる一方,宮内府の高官として鉄道計画,人参専売,鉱山の事務を管轄下に入れ,皇室財政の拡張を実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の李容翊の言及

【高麗大学校】より

…韓国ソウルにある,民族資本によって設立された私立総合大学。1905年内蔵院卿李容翊(りようしよう)が〈人材を教育しもって国権を復さん〉がために設立した普成学校に始まる。10年孫秉熙(そんへいき)が引き継ぎ15年普成法律商業学校,21年普成専門学校となり法・商科を置く。…

※「李容翊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李容翊の関連キーワード一進会韓国事大党大院君鄭麟趾李朝実録変法自強開化派宋秉畯兪吉濬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone