コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜甫草堂 とほそうどう

1件 の用語解説(杜甫草堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

とほそうどう【杜甫草堂】

中国の四川省成都市の西郊外にある、唐時代詩人、杜甫(712~770年)の住居。武候祠とともに全国重点文物保護単位に指定されている。杜甫は48~51歳まで、約4年間ここに住み、その間に240首余りの詩を詠んだ。建物は、正門、大庁、詩史堂、柴門、工部祠などで構成されている。園内各所には奇岩が配置され、梅や竹、椿の木が鬱蒼(うっそう)と茂る小庭園がある。全体には渓流と小橋が交錯して、詩情画意を一段と盛り上げている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杜甫草堂の関連キーワード四川省廖平益州西郊蜀江張瀾川劇四川[省]重慶と成都前蜀王建墓