コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束ね タバネ

デジタル大辞泉の解説

たばね【束ね】

一つにくくること。また、くくったもの。
組織などをまとめること。また、その役。
「あれだけの奉行人の―をして」〈万太郎・ゆく年〉
嚊(かかあ)束ね

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たばね【束ね】

たばねること。また、たばねたもの。
全体をまとめ、とりしまること、また、その役。 「 -役」 「此心清町一町の-をする年寄/浄瑠璃・博多小女郎
江戸時代の男の髪形の一。油をつけないで、髱たぼをふっくらと出し、はけ先を散らし上向きにそらせて結ったもの。

つかね【束ね】

まとめて一つにくくること。また、その物。 「かりおける-のあゐのそこらあれば/新撰六帖 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

束ねの関連キーワードtwin tailマルチリンクPPPイメージファイバーキャンデーブーケポニーテールブーケガルニマルチリンクキーホルダー亀の子束子篠を束ねるやーごんぼバンドラー博多小女郎江戸時代三脚稲架タッセルフリンジ二つ繰り結柴小紋シニョン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

束ねの関連情報