コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚊束ね カカアタバネ

デジタル大辞泉の解説

かかあ‐たばね【×嚊束ね】

文化年間(1804~1818)江戸に流行した下層の男性の髪形。油を使わず、たぼを膨ませ、まげを高くした略式のもの。たばね。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かかあたばね【嚊束ね】

江戸時代、文化年間(1804~1818)に、江戸の下層の男の間に流行した髪形の一。油をつけず、たぼをふくらませ、はけ先を散らして、髷まげの元結から後ろを高く上げて結ったもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

嚊束ねの関連キーワード文化アサガオ東海道五十三次歌川豊国サウド家フレネル寄席伊予絣鶴屋南北テナール