コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚊束ね カカアタバネ

デジタル大辞泉の解説

かかあ‐たばね【×嚊束ね】

文化年間(1804~1818)江戸に流行した下層の男性の髪形。油を使わず、たぼを膨ませ、まげを高くした略式のもの。たばね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かかあたばね【嚊束ね】

江戸時代、文化年間(1804~1818)に、江戸の下層の男の間に流行した髪形の一。油をつけず、たぼをふくらませ、はけ先を散らして、髷まげの元結から後ろを高く上げて結ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嚊束ねの関連キーワード江戸時代元結

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android