コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来国行 ライクニユキ

朝日日本歴史人物事典の解説

来国行

生年:生没年不詳
鎌倉中期の京の刀工。来派の事実上の祖で,来太郎と呼ばれる。来の由来は,最古の刀剣書『観智院本銘尽』には先祖が高麗より移住したことから「来」と称したとしている。現存する作品は太刀が多く,短刀も僅かにあるが,いずれも「国行」と2字に銘をきり,のちの一門のように来の字を冠することはない。子の国俊弘安1(1278)年銘の太刀があり,活躍年代はほぼ知られる。作風は太刀は概して幅広で豪壮なものとなり,鍛えは板目肌で,刃文直刃に小乱れ,小互の目が交じって刃の働きが豊富である。代表作に明石松平家に伝来した太刀(国宝)がある。

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

来国行の関連キーワード新薄雪物語延寿派

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android