コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来国行 ライクニユキ

3件 の用語解説(来国行の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らい‐くにゆき【来国行】

鎌倉中期の刀工。来派の事実上の始祖。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

来国行 らい-くにゆき

国行(くにゆき)(1)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

来国行

生年:生没年不詳
鎌倉中期の京の刀工。来派の事実上の祖で,来太郎と呼ばれる。来の由来は,最古の刀剣書『観智院本銘尽』には先祖が高麗より移住したことから「来」と称したとしている。現存する作品は太刀が多く,短刀も僅かにあるが,いずれも「国行」と2字に銘をきり,のちの一門のように来の字を冠することはない。子の国俊に弘安1(1278)年銘の太刀があり,活躍年代はほぼ知られる。作風は太刀は概して幅広で豪壮なものとなり,鍛えは板目肌で,刃文は直刃に小乱れ,小互の目が交じって刃の働きが豊富である。代表作に明石松平家に伝来した太刀(国宝)がある。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

来国行の関連キーワード相州物国俊貞次長光光忠粟田口国頼来国光包永(初代)国光(1)国行(1)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone