コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東アゼルバイジャン州 ひがしアゼルバイジャンAarbāyjān-e Sharqī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東アゼルバイジャン〔州〕
ひがしアゼルバイジャン
Aarbāyjān-e Sharqī

イラン北西部の州。南東でサンジャーン州,西と南西で西アゼルバイジャン州と接する。州都はタブリーズ。州の北東にサバラーン山(4780m),中央部にサハンド山(3700m)がある高原地域。降水量は東に進むほど少ないが,タブリーズで年平均 329mm。川も多く,農耕地はこれを利用し,地味は豊か。コムギを産し,牧草が多い。イランの重要な農業州で,農業就業者は人口の 50%以上を占める。同時に工業も開発中で,工業事業所数は全国の 10%近くを占める。住民は北にアルメニア人,中央にアゼルバイジャン人,南にクルド人が多い。面積 6万5842km2。人口 411万4084(1986)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東アゼルバイジャン州の関連キーワードタブリーズの歴史的バザール複合体ナヒチェバンアルダビールマラーゲ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東アゼルバイジャン州の関連情報