コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東イタリック方言 ひがしイタリックほうげんEast Italic dialect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東イタリック方言
ひがしイタリックほうげん
East Italic dialect

イタリア中部のアドリア海沿岸地方で発見された碑文 (古いものは前6世紀以前) によって知られる言語。2種類ある。完全には解読されていないが,インド=ヨーロッパ語族に属する蓋然性が大きく,イリュリア語の一方言とする説もある。なお,サベリ方言あるいは古期サベリ方言の名称でも呼ばれることがあるが,正確ではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android